ニキビを改善できる入浴方法

衝撃の事実!入浴時のアレが背中ニキビの原因だった

2016/06/17

senaka001 お風呂は、ニキビを改善するうえで、とても重要な役割をもっています。理由は、入浴することで、血行が良くなるからです。体が温まって、血行がよくなると、血液や老廃物を含んでいるリンパの流れが良くなるので、ニキビを改善できるだけではなく、目の下のクマや、顔のむくみも改善することができるのです。

それに、体温が上昇することで、新陳代謝が良くなるので、古い細胞を生まれ変わらせて、正常なターンオーバーに戻すように働き始めます。つまり、お風呂に入るというのは、体の外側の汚れを落とすことだけが目的ではなく、体内を浄化する役割もあるのです。毎日の入浴で、しっかりと体を温めて、体内の老廃物を、排出していきましょう。

背中ニキビを嘘みたいに簡単に改善する方法

背中ニキビは、ニキビの悩みの中でも、非常に根深い悩みの1つです。ところが、毎日の入浴時に、体の洗い方を変えるだけで、背中ニキビは、驚くほど改善することができるのです。

背中ニキビというのは、背中や胸の皮脂の分泌量が、特に多いから、できやすいという意見が、一般的です。ですが、実はそうではありません。ここでもご説明している通り、ただ皮脂の分泌量が多いからという理由だけでは、ニキビの原因にはならないからです。つまり、どれだけ皮脂の分泌量が多くても、酸化しなければ、炎症は起こらないということです。

酸化の原因は、主に紫外線なので、顔に比べると、洋服などで紫外線に直接さらされる機会が少ない背中や胸は、この理屈でいくと、ニキビはできにくいはずなんです。でも。背中のニキビに悩んでいる人は、大勢いるのが現実です。

では、本当の原因はなんなのでしょうか?それは、大きく分けると、3つあります。「添加物の影響」と「合成界面活性剤の影響」、そして「洗いすぎによる皮膚の損傷」です。

添加物というのは、着色料や防腐剤、そして香料などの科学物質です。とくに、防腐剤などの保存料は、中身が腐らないように配合されているものなので、殺菌作用があります。これだけ聞けば、成分を守ってくれているような感じもしますが、よく考えてみてください。殺菌作用があるもので、体を洗っているということになるのです。つまり、菌が除菌できるということは、肌も傷つけてしまうということなのです。

皮膚には、バリア機能をもった常駐菌が存在していますが、この菌を除菌してしまうと、肌は乾燥し、ニキビの原因となり、ひどくなるとアトピー性皮膚炎を引き起こしてしまいます。

つまり、普段何気なく使っているシャンプーやリンス、コンディショナー、ボディーソープこそが、背中ニキビの本当の原因だったということです。

-ニキビを改善できる入浴方法
-,