食事でニキビを改善する方法

あなたの肌を再生させる3つの美肌食材を暴露します

2016/06/02

ニキビを改善するためには、食生活を見直すことも欠かせない要素の1つです。なぜなら、あなたのために頑張ってくれている細胞は、元を正せば毎日食べている食事と水作られるからです。その細胞は、日々新しく生まれ変わっているので、どんな食材を食べて、どんな水を飲んでいるのかによって、あなたの肌質が作られていると言っても過言ではないのです。

私もニキビに悩んでいるときのことを思い出してみると、確かにマク◯ナルドなどのジャンクフードを好んで食べていたような気がしますが、よくよく調べてみると、ジャンクフードは、食品添加物と油の塊のようなものだったので、当然と言えば当然かもしれません。

試しに、悔しいぐらいに肌がぷるんぷるんで、どうみても同じ歳には見えない友人に、普段の食事について聞いてみたところ、ジャンクフードは、長いこと食べた記憶がないと言っていました。食事で心がけているのは、新鮮な生野菜と、新鮮な米を食べるようにしていることだという話でした。それならば、この2つの食材に何か秘密があるのではないかと思い、徹底的に調べた結果、驚きの事実が明らかになったのです。

なんと、新鮮な生野菜と、お米は、お肌を綺麗に保つために、欠かすことのできない、言わば究極の美肌食材だったのです。

あなたの肌を再生させる3つの美肌食材


それでは、それぞれの食材が究極の美肌食材といわれる理由と、より効果的な摂取方法について、みていきましょう。

火を通していない生の食材がニキビに効果的な理由

野菜や果物、肉や魚などには、酵素が含まれているというのが、一番の大きな理由です。酵素というのは、人間の全ての生命活動に関わる重要な生タンパク質の一種で、体内には、3000種類以上の酵素が存在していると言われています。体内で起こっているあらゆる生命反応は、全て酵素によって担われているのです。

生の食材から摂取できる酵素のことは、食物酵素や、体外酵素と呼ばれていますが、レトルト食品やジャンクフードには、この食物酵素が一切含まれていません。なぜ含まれていないということがわかるかというと、酵素は熱に弱いため、48度以上で加熱すると破壊され始め、60度で完全に死んでしまうからです。

だからこそ、野菜や果物だけではなく、肉や魚も、できることなら火を通さずに、生のまま食べられる新鮮な食材を選ぶことが重要になるのです。お刺身や馬刺しなどは、美味しいだけはなく、お肌にもいいので、安心して食べられますね。

また、火を通していない生の食材が美肌食材といわれている理由の1つとして、酸化していないということがあげられます。脂身の多い焼き肉や、脂っこい天ぷらなど、酸化した食べ物を一度にたくさん食べると、消化酵素が多量に消費されるため、代謝酵素が不足して、活性酸素が大量に発生し、ニキビだけではなく、シミやくすみ、シワやたるみなど、あらゆる肌トラブルと関わってきます。

だからこそ、酵素たっぷりの生野菜や果物を摂って、活性酸素を除去する酵素の1つであるスーパーオキシド ジスムターゼを作り出すことが重要になります。そうすれば、代謝酵素が体内でたくさん作られる状態になり、新陳代謝が活発になるので、結果的に活性酸素が及ぼす害を中和し、ニキビの炎症を抑えることにつながります。

とはいえ、生の野菜や果物などを、いきなり主食にするのは難しいですよね。かなり大変なことだと思います。なので、これまで、あまり野菜や果物など、生の食材を食べる習慣がなかった場合、毎食ごとに、生の食材を一品加えるようにしてみてください。これだったら、意外と簡単にできると思います。

また、スムージーで野菜と摂るというのも、選択肢の1つとして考えてみてください。ミキサーにかけるのが面倒だと思われるかもしれませんが、1品料理を増やすということに比べると、だいぶ楽になります。これだったら、野菜や果物に含まれている食物繊維や酵素が、割りと簡単に摂取できるので、忙しい朝などは、特にオススメです。

それと、お菓子やデザートなどを、間食で食べていた場合、そのお菓子を果物にすることができたら、とてもお肌に効果的です。果物に含まれるブドウ糖や果糖は、良質な糖分になるので、すぐに消化されてエネルギーにかわりますし、豊富なブタミンも摂取できて一石二鳥です。お菓子を我慢するのは、簡単なことではありませんが、あなたのニキビを作り出している憎っくき敵だと思って、我慢してみてください。

生野菜を食べると体が冷えるというのは本当か?

生野菜は体を冷やすという噂を耳にしたことがあるかもしれません。良く聞く話なので、当然真実だと思っている人も少なくないでしょう。私は、そう思っていた人のうちの1人です。ですが、これは間違った常識でした。そもそも野菜には、体を冷やす効果は全くないのです。では、なぜこのような間違った常識が蔓延してしまったのか?それは、冷蔵庫のせいなのです。ほとんどの人は、冷蔵庫から出して、洗ったらすぐに食卓に並べて食べていると思います。この冷蔵庫で冷やした野菜こそが、冷えの原因になっていたのです。

これからは、冷蔵庫で保存していた生野菜を食べる時は、冷蔵庫から出してから、しばらく時間を置いて、常温の状態に戻してから食べるようにしていきましょう。これだけで、体が冷えるのも防ぐことができるようになりました。

2つ目の美肌食材である発酵食品についてはコチラです→発酵食品が腸内の環境を整えてニキビを改善できる理由とは?

-食事でニキビを改善する方法
-,