ニキビに効果的なケア方法

美白効果も期待できるプラセンタ

bihaku001 プラセンタの作用の中でも、特筆すべき点が、美白効果です。人間の美白効果というのは、洗濯などと違って、漂白して脱色するのとは、わけが違います。あくまでも、肌を白くするのではなくて、肌本来の色に近づけるということになるのです。

例えば、紫外線が当たりにくいおしりや、二の腕の内側を見てみてください。紫外線が当たっている外側とは、明らかに色が違いますよね。その白い部分が、あなたの本来の肌の色ということになります。ですので、その部分よりも白くなることはないのです。

皮膚というのは、健康な状態でしたら、約2週間で角質細胞が剥がれおちます。このときに、メラニンも一緒に排出されるので、ニキビ跡は、どんどん薄くなっていくのです。ところが、肌のターンオーバーが狂っていて、異常角化を起こしてしまうと、なかなかメラニンが排出されないので、いつまでも肌に残ってしまいます。だから、ニキビは、なかなか治らないのです。

そこで登場するのが、プラセンタです。プラセンタには、基底層の細胞分裂を活性化させ、肌のターンオーバーの乱れを元に戻すために活性化させる働きがありますので、ターンオーバーが正常に戻るだけではなく、メラニンもスムーズに排出されるようになります。その結果、ニキビ跡が改善される間隔が早くなるのです。

また、シミや、色素沈着の原因となるメラニンが作られる原因として、メラノサイトの活性化が挙げられますが、プラセンタは、このメラノサイトの活性化も妨害する働きがあるとされています。つまりは、表面的に効果を発揮するだけではなく、遺伝子のレベルでメラニン生成を抑えるような働きかけをするということなのです。

さらに、単独でも高い効果が期待できるプラセンタですが、相乗効果が得られる成分と併用して利用することで、より高い美肌効果が得られということが証明されています。これは、プラセンタには、多数のアミノ酸が含まれているということが関係していると考えられています。

アミノ酸も、肌にいい影響を与えるものがたくさんありますので、美肌効果だけではなく、保湿を助けたり、細胞分裂の活性化を促してくれたりする効果が期待できます。

こういった作用により、ニキビだけではなく、ニキビ跡を改善するように、肌が働き始めるということなんですね。あなたの肌を美肌に近づけ、細胞レベルで改善してくれるプラセンタは、まさに奇跡の成分とでもいうべき効果をもたらせしてくれるので、しっかりと取り入れていきたいところですね。

-ニキビに効果的なケア方法
-,