ニキビにまつわる噂の検証!

生理になるとニキビができたり肌が荒れたりする理由

毎月、生理の時期になると、肌が荒れやすく、ニキビができやすくなるという方が、とても多くなります。私も、そうでした。私の場合、特にニキビができやすかったのは、頬や口の周りです。生理だからしょうがないと、はじめのころは、半分諦めていたのですが、いろいろと調べているうちに、生理の時期の肌荒れや、ニキビを防ぐことができるということがわかりましたので、その方法について、お伝えしていきます。

まず、排卵日の後から、生理までの期間は、およそ2週間ですが、この間に、女性の体の中では、黃体ホルモンの分泌が、どんどん高まっていきます。この黃体ホルモンというのは、男性ホルモンと似た働きがあるので、皮脂の分泌量を増やします。それにより、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるので、ニキビができやすくなるのです。

この黃体ホルモンが与える影響については、個人差があるため、人によって、肌にあらわれる影響は、様々です。また、肌荒れやニキビができやすくなる時期についても、生理前、生理中などといった個人差もありますので、あなたの肌は、生理によって、どのような影響を受けるのかを、きちんと把握しておくことが、とても大切になります。

それに、生理の時期は、体内のホルモンも、変動しやすい時期になっているので、バランスを崩しやすくもなっています。これも、ニキビをできやすくしている原因の1つです。

ホルモンのバランスが崩れると、驚くほど食欲が旺盛になったり、普段はまったく食べない甘いものが、急激に欲しくなったりしてしまいますので、このようなことを経験している女性の多いはずです。私の場合は、甘いモノが普段から大好きで、食べ過ぎない程度に、毎日食べているのですが、生理前になると、ちょっとだけでは足りなくなって、たくさん食べてしまうことがありました。

この甘いモノが、皮脂を過剰に分泌させる原因となって、ニキビが悪化しやすくなっていたのです。このことに気づいてから、今まで、生理前になると、無意識に食べ過ぎていた甘いモノを、少しだけ意識的に、食べないようにしてみたところ、生理前や、生理中に、肌荒れが起こったり、ニキビができやすくなるということがなくなったのです。

女性にとって、生理というのは、避けて通れない生理現象です。だったら、自分の状態を正確に把握した上で、上手に付き合って、ニキビを悪化させないように、工夫をする必要がありますよね。

少し意識をするだけでも、だいぶ違いますので、食生活や、おやつの食べ方に気をつけたり、夜更かしをしないように心がけたりして、あなたの肌を、いたわってあげてください。

-ニキビにまつわる噂の検証!