ニキビの基礎知識

煙草とホルモンバランスの乱れがニキビに与える影響とは?

煙草が肌に与える悪影響について

ニキビの肌荒れを病院で診察してもらうと、最初に必ず聞かれることがあります。それが、喫煙についてです。あなたが喫煙者だったら、煙草の外については、ご存知の通りです。百害あって一利なしと言われているだけあって、健康面では何一つ良いことがありません。お医者さんから見れば、喫煙者の肌はどす黒いからすぐにわかるそうです。それだけ、煙草の害は、肌に影響を与えているということになります。

肌がどす黒くなるのは、皮膚に溜まった汚れと、毒素がある証拠です。煙草を吸うと、毛細血管が収縮して細くなってしまうので、酸素や栄養素が細胞に行き届かなくなり、腐敗物や老廃物を排泄することが、できにくくなります。

それに、煙草を吸うと、大量のビタミンCが破壊されます。これは、よく聞く話だと思いますが、その理由は、煙草を吸うことで大量に発生した活性酸素を中和するためにつかわれるのが、ビタミンCなどの抗酸化物質だからです。つまり、ニキビ肌に高い効果が期待できるビタミンCが誘導体を、どれだけ皮膚から与えたとしても、煙草を吸うことによって、活性酸素を中和することにつかわれてしまうので、効果が薄くなるということに繋がります。

私も喫煙者でしたので、煙草をやめるのが辛い気持ちは、よくわかります。でも、ニキビ肌を改善するために、やめるという決断をするのも、今後の人生にとって、1つの大きな英断になるのではないかと思います。

ホルモンバランスの乱れがニキビの原因となる理由

10代前は、中学生になるとニキビができる人が急激に増えます。これは、思春期が、一生のうちでも、一番ホルモンバランスが不安定な時期だからです。男性も、女性も、通常であれば、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが保つことで、正常な生体機能を維持しているのですが、思春期になると、このバランスが崩れます。これは、アンドロゲンという男性ホルモンの分泌料が多くなることで、女性ホルモンに対して優位になることが原因です。

アンドロゲンの分泌が多くなると、異常角化がおこりやすくなるので、その結果、毛穴が狭くなりニキビができやすい肌の状態になるのです。このことからもわかることは、男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す作用がありますので、男性ホルモンが多い男性の方が、圧倒的にニキビができやすいということです。

とはいえ、女性も副腎や卵巣から、少量ですが男性ホルモンが分泌されているので、女性だからニキビができにくいということでは、当然ありません。あなただけに特別ニキビができやすいというわけではありませんので、ご安心ください。

また、女性特有のホルモンバランスの乱れは、生理の前後に起こります。この時期は、ホルモンバランスが大きく変化するので、ニキビができやすくなる方も多くなります。

-ニキビの基礎知識
-, ,