ニキビに効果的なケア方法

殺菌や皮脂を抑えるのは大人ニキビに効果的なのか?

2016/05/16

大人ニキビに効果的な方法として、しっかりと殺菌をしたり、皮脂を綺麗に取り除くということが大切だ!という話を聞いたことがありませんか?実際に肌が綺麗になるのだから、私は、こういったことが、大人ニキビに効果的だと思っていました。

でも、実は、これが大きな間違いだったのです!
では、具体的に、なぜダメなのかについて、ご説明します。

殺菌のやりすぎは逆効果

ニキビの原因として、アクネ菌というニキビ菌があるということを、聞いたことがありませんか?大人ニキビの商品って、結構アクネ◯◯という名前の商品が多いですよね。これは、そういったところからきているようです。

では、なぜ殺菌がダメなのか?実は、お肌には、確かに大人ニキビの原因となるアクネ菌が、たくさん存在していますが、殺菌をすることで、そのアクネ菌と一緒に、肌を綺麗にするための美肌菌も、殺菌してしまうのです。

お肌をツルツルにするために、とっても大切な働きをしてくれる美肌菌がいなくなってしまった肌というのは、どうなるかわかりますか?

なんと、皮脂が溜まりやすくなってしまい、それによって毛穴がつまり、大人ニキビができやすくなってしまうのです。

しかも、驚くことに、美肌菌よりも協力なアクネ菌だけが残ってしまい、どんどん繁殖して、悪化してしまうのです。

皮脂を取り除くのは逆効果

肌の表面には、肌の保湿を保つために重要な水分の蒸発を防いだり、ただでさえ柔らかいお肌に、張りを与えたり、外からの刺激をしっかりと保護してくれて、なめらかな肌にしてくれるという働きがあるのです。

これを、皮脂膜というのですが、皮脂を取り除きすぎてしまうと、この皮脂膜がボロボロにもろくなってしまい乾燥肌の状態になってしまいます。こうなると、お肌はとても弱い状態になるので、もっともっと油を補充しないといけない!という状態になるので、どんどん皮脂が分泌して、過剰な状態になっていまします。

この皮脂が溜まってしまうと、毛穴が詰まりやすくなってしまうので、これも大人ニキビの原因となってしまうのです。

大人ニキビを治そうと思って取り除いた皮脂が原因で、ニキビができやすい状態を作ってしまうということなんですね。

正しいと思っていたスキンケアが逆効果

このように、一般的には正しいと言われていたり、正しいというイメージがある方法は、実は、逆効果だということがわかります。
つまり、大人ニキビを改善するために、大事なことは、殺菌ではなく、保湿なんです。

これは、大事なことなので、何度も言います。
大切なのは、保湿です。

では、しっかりと保湿するためには、どういったスキンケアをする必要があるのかということについて、説明していきます。

-ニキビに効果的なケア方法
-