ニキビにまつわる噂の検証!

日焼けでニキビが悪化する!?夏場に注意すべきニキビケアとは?

夏になると、ニキビが悪化する人が多いのですが、普段の通勤や、海などでの日焼けも、その原因の1つになっています。また、日光には殺菌作用があるので、ニキビも殺菌できると勘違いされている方も多いようで、ニキビができているのに、積極的に日焼けで肌を焼く方がいるのですが、それは間違いなので、お気をつけください。

ほとんどの場合が、悪化してしまいます。理由は、日焼けというのが、火傷の一種なので、焼きすぎて、ひどくなると、皮膚の組織を壊してしまうからです。それに、日焼けを続けていると、肌の皮膚が分厚くなるので、毛穴が詰まりやすくなりますし、シミやシワの原因にもなります。

綺麗に日焼けした小麦色の肌は、一見すると、とても健康的に見えますが、実はそうではなく、肌の組織は、相当傷んでいるとういことになるようです。また、どれだけ健康的な肌だったとしても、少しずつ日に焼けていくことで、肌には多大な負担がかかることになるので、ニキビができているときは、細心の注意をはらう必要がありますね。

特に、ニキビができやすい肌の場合、長時間、肌が直射日光に当たるようなことは、避けていきましょう。お昼すぎの14時頃になると、紫外線の量が高まりますので、紫外線の量が多い時間は、できるだけ、出歩かないようにするだけでも、だいぶニキビにとって、良い影響を与えることができます。

仕事の内容によっては、その時間を避けるのが難しい場合もあると思いますが、そういった時は、ニキビが可能している時だけでも、肌ができるだけ焼けないように、日焼け止めをしっかりと塗ったり、帽子を被ったり、日傘をさしたりして、紫外線を防いで、日焼けを予防していきましょう。

参考までに、たくさんある日焼け止めの選び方を、少しだけ紹介しておきます。まず、市販の日焼け止めというのは、どうしても刺激が強い成分が多いので、日焼け止めを塗ったことがきっかけで、乾燥肌や敏感肌になる方もおられます。ですので、できるだけ刺激が少ない日焼け止めクリームを選ぶようにしましょう。

刺激が少ない日焼け止めクリームの選び方は、パッケーを見て、紫外線吸収剤フリー、アルコールフリー、パラベンフリー、無香料、無着色と書いてあるものを、選ばれてください。その中で、特に紫外線防止効果が高いのが、SPF50+という表記があるものか、PA++++という表記があるものになっているので、このどちらかを選ぶのが、ベストだといえます。テレビCMで観て、人気が高そうだという理由だけで選ぶと、肌に合わなかったから、1回しか使えなかったということにもなりかねませんので、きちんと選ばれてくださいね。

-ニキビにまつわる噂の検証!