大人ニキビについて

なぜ敏感肌なのにニキビができるのか?敏感肌ニキビの原因と解決方法

敏感肌なのに、ニキビができてしまった場合、皮脂過剰ではありません。まずは、このことに注意をしてください。敏感肌なのに、皮脂の分泌を抑えてしまうと、肌のバランスを乱してしまうことになります。

では、原因は何なのでしょうか?

それは、肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れたことで、角質が分厚くなり毛穴を塞いでしまっていることになります。

「あなたの肌は、たった28日で生まれ変わる!」というフレーズを、聞いたことがありませんか?これを見ると、28日で肌が生まれ変わるなら、なんとかなりそうだな~という印象を受けるかもしれませんが、実は、そうではないんです。肌の細胞というのは、毎日生まれ変わっているのですが、その寿命が28日と言われていることから、生まれたフレーズなんだと思います。

さて、それでは、肌のターンオーバーが乱れないようにするためには、どうしたらいいのか?その答えは、自律神経にあります。

ターンオーバーと自律神経の働きには、密接な関係がありますので、ターンオーバーが活発になると言われている22時~2時までの間の4時間の過ごし方が、非常に重要になります。

この4時間の間に、特に気をつけるべきことは、以下の4つです。
・食事や運動をしない
・お酒を飲まない
・タバコを吸わない
・化粧を残さない
これらのことに気をつけることが、あなたのターンオーバーを乱さないためのコツとなります。

今すぐできることから、初めていきましょう!

敏感肌の豆知識
化粧品や、スキンケア用品、サプリメントなど、敏感肌対策の商品が、世の中には、たくさんありますので、病気の一種だと思っている人も多いと思いますが、実は「敏感肌」というのは、実は病名ではありません。

一般的な化粧品が肌に合わず、すぐに赤みが出たり、荒れてしまったり、また、ちょっとした衣服の着替えだけでも、繊維が肌に触れることで、顔がピリピリしたりというように、肌が反応しやすい状態のことが、敏感肌と呼ばれています。

敏感肌の原因は?
精神的なストレス、偏った食生活、住んでいる環境、アレルギーなど、その原因は、多岐にわたります。また、最近では、腸内の環境も影響しているということが、わかってきました。6割から7割が内的な要因、残りの3割から4割が、外的な要因が原因となって、敏感肌になってしまうということが言われているので、バランスの良い食事を心がけましょう!

-大人ニキビについて
-, ,