成長ホルモンを分泌させる運動方法

成長ホルモンの分泌を促すスロトレとは?

2016/06/20

undou001 成長ホルモンの分泌量を増やす運動方法として、スロトレというものがあります。スロトレというのは、スロートレーニングの略で、筋肉をゆっくりと伸縮させる運動方法です。負荷は軽めなので、腹筋を割ろうとするような、ガチガチの筋トレではありません。あなたの筋肉量を極端に増やす運動ではありませんので、どうご、ご安心ください。

普通の筋トレとは違う、スロトレのメリットは、5つあります。

  1. 家で手軽にできる
  2. 負荷が軽いので筋肉線維を傷めない
  3. 短い時間で効果がある
  4. 毎日運動をする必要がない
  5. 激しいトレーニングに近い量の成長ホルモンが分泌される
成長ホルモンの分泌量は、16歳あたりがピークだといわれていて、それから年齢を重ねるごとに減っていきます。50歳になったときは、16歳のころに比べると約半分にまで落ちて、80歳になった頃には、7割ほど減少するといわれています。

ところが、最近の研究によって、仮に100歳とご高齢の方でも、運動をすることで、成長ホルモンの分泌量が増えるということがわかっています。また、病院で、週に2回ほど成長ホルモンの注射を打ち続けたら、見た目が10歳は若返って見えるようになるともいわれています。具体的には、シワの半分になり、肌の水分量は2倍に増えて、髪の毛の量も増えていたということです。

だったら、成長ホルモンの注射を病院で打ってもらえばいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、病院で成長ホルモンの注射を打ち続けるのは、保険がきかないため、現実的ではありませんし、外部から与えてしまうと、自力で分泌する力が弱まってしまいます。

そこで、お金をかけずに、効果的に成長ホルモンを分泌させる画期的な運動方法こそが、スロトレということになるのです。スロトレは、体に負担をかけないトレーニング方法なので、デメリットはありません。それに、スロトレで筋肉を動かすことで、表面的にも皮膚のシワを伸ばす効果もあります。

スロトレをするとなぜ成長ホルモンの分泌量が増えるのか?

では、なぜスロトレをおこなうことで、大量に成長ホルモンが分泌されるかというと、スロトレをおこなうことで、乳酸が大量に発生するからです。この乳酸は、激しい運動をしたときに、発生するというイメージを持たれているかもしれませんが、軽い負荷でおこなうスロトレでも、十分に発生させることができるのです。

そして、この乳酸にこそ、成長ホルモンの分泌を促す作用があるのです。それにより、何もしていない状態に比べて、スロトレをおこなった場合、数百倍もの成長ホルモンが分泌されることが、実証されています。

スロトレのその他の効果

スロトレをイメージするために、太極拳やヨガをイメージしてみてください。特に負荷もかけずに、ゆっくりとした運動ですが、体が引き締まっている方が多いという印象があります。これは、スロトレをすることで、美肌になれるだけではなく、太りにくく痩せやすい体質を作ることができるということにも繋がります。

ゆっくりと動くのは、意外ときついので、基礎代謝をアップさせることもできます。基礎代謝というのは、何もしなくても消費する代謝エネルギーのことで、基礎代謝が高ければ高いほど、痩せやすい体ということがいえます。

全く同じものを食べる生活をしていても、痩せる人と太る人がいるのは、この基礎代謝によって消費するエネルギーの大きさが違うからです。

このような代謝の話をすると、女性が必ず心配するのが、筋肉質にはなりたくない!ということだと思います。ですが、スロトレに関しては、筋肉質になることを心配する必要はありません。スロトレで手に入る体は、ムキムキの筋肉マンというよりも、どちらかというと、マラソン選手に近いからです。

強い負荷をかけておこなう筋トレは、筋肉をつけることが目的のトレーニングになるので、筋肉の線維の損傷と、超回復を繰り返すことで、ムキムキになってしまいますが、負荷をかけないスロトレでは、大きな筋肉がつくことはありません。

スロトレのやり方

スロトレというのは、いかにして、軽い運動をしているのに、激しい運動をしたと脳に思い込ませるかが、大きなポイントとなります。そのためにおこなうのが、血流の制限です。

筋肉に力をいれたまま、ゆっくりと動き続けることで、大量の乳酸が発生します。これは、力を入れ続けたことで、血管が圧迫されて、酸素の供給が、一時的に間に合わなくなるからです。これにより、激しい運動をしたときと、同じ状態を作ることができるのです。

効果を高めるポイントは、ゆっくりと動き続けている時に、力を抜かないことです。常に、全体の筋肉に力を入れている状態にしましょう。これは、ノンロックスロ法といわれている有名な運動方法で、常に関節を伸ばしきらず、曲げ切らない状態にしておきます。こうすることで、常に血流を筋肉で制限することができるので、軽い負荷で、激しい運動と同じ運動効果が期待できるということになります。

わかりやすい運動でいうと、スクワットや、腕立て伏せがありますが、あの運動をやるときに、関節が伸びきらず、曲がりきらずという状態を繰り返しおこなうというイメージです。自分が限界を感じるところまで負荷をかけておこなうように、心がけていきましょう。このようなスロトレを、毎日ではなく、週に2回から3回おこなうだけで、あなたのお肌と体は、大きく生まれ変わることでしょう。

-成長ホルモンを分泌させる運動方法
-,