ニキビにまつわる噂の検証!

恋愛からわかるストレスとニキビの関係性について

ストレスは、ニキビなどの肌荒れだけではなく、様々な症状の原因となります。でも、ストレスの原因は、はっきりとはわからないことが多いですよね。それをいいことに、病院では、よくわからない症状のときは、「原因はストレスです」なんて言われることだってあります。

私の場合、肌荒れでも、偏頭痛でも、関節の痛みでも言われたのですが、原因がストレスって言われると、納得はできませんが、「そうですか」としか言えないんです。

中には、ストレスが原因で蕁麻疹(じんましん)が出てしまったり、十円ハゲができたりする場合もあります。精神が不安定な状態になるストレスというのは、このような様々な症状を引き起こしてしまうのです。

では、ストレスがない状態になると、どのようなことが起こるのでしょうか。あなたは想像できますか?いきなりこんなことを言われても想像できないかもしれませんので、好きな人ができたりして、恋をしている時のことを思い出してみてください。

肌荒れが気にならないぐらい、肌に艶があって、いきいきとしていたことだと思います。女性の場合だと、初めて好きな人と性行為をした時は、翌日の化粧ノリが、びっくりするほど違うと感じる人が多いようです。ある研究結果によると、化粧ノリが2倍になっていたというデータが残っているほどです。

それだけ、精神状態が体に与える影響が大きいということですよね。

先ほどの例のように、恋愛がストレスを解消して、肌に良い影響を与えるのには、理由があります。それは、様々な人間のストレスの中で、他人が絡むストレスが、少なくないからです。

他人が絡むストレスは、大きく分けると2つあるといわれているのですが、1つ目が「会いたいのに会えないストレス」で、2つ目が「会いたくないのに、会わなければならないストレス」だそうです。

どうしても会いたいのに、仕事で会えなかったり、会う約束をしていたのに、急用で会えなくなってしまったり。20時に約束していたのに、メールも電話もつながらないということも、ありますよね。こういう状況の時って、ものすごいストレスを感じますよね。

また、「会いたくないのに、会わなければならないストレス」というのは、考えたくもないですね。誰だって、会いたくない人の1人や2人いると思います。できれば、一生会いたくないと思っていることでしょう。でも、そういう人に限って、会わないといけない機会ができたりするんですよね。

-ニキビにまつわる噂の検証!