睡眠の質を高めてニキビを改善する方法

寝起きが悪い人は必見!快適に目が覚める3つの方法

asa001_r なかなか眠れないのも辛いですが、朝の寝起きが悪いというのも、辛いものです。すっと眠れて、すくっと起きれれば良いのですが、なかなか難しいですよね。でも、安心してください。寝つきを良くする方法があるように、快適に目覚める方法もあるのです。

劇的に目覚めをよくする3つの方法

1 光で目が覚めるようにカーテンを少し空けて寝る

人間は、正常な体内時計の状態だった場合、外が明るくなれば、自然と目が覚めるようになっています。そのような働きを利用して目を覚まそうというが、カーテンを空けて寝るという方法になります。朝から光が顔に当たるようにカーテンを空けておくことで、体内時計に起きるに時間だということを伝えることができますので、すっきりと目を覚ますことができます。

人間は本来、目覚まし時計などの音で目を覚ますのではなく、光で目を覚ますのが、自然ですので、さっそく取り入れてみてください。


2 寝起きに水分と糖分を摂る


人間は、寝ている間にも、水分と糖分を消費しています。これが、朝から起きられない原因の1つでもあるのです。寝る前の食事を、睡眠に入る2時間から3時間前に食べていた場合、7時間睡眠だったら9時間から10時間は、体に糖分が補充されていないので、低血糖状態になっています。このままでは、体を動かすためのエネルギーが足りませんので、できるだけ早く補充していきましょう。

一番いいのは、食事をすることですが、すぐに食べるのが難しい場合は、バナナやリンゴなどの果物でも構いません。それも難しい場合は、飴玉やチョコでも大丈夫です。あとは、ガムもいいですね。ガムを噛むと、あごを動かすことで、交感神経が刺激されますので、一気に眠気を吹き飛ばす効果が期待できます。

また、汗をかいていないとしても、自然と皮膚から水分が蒸発しています。それにより、水分不足にもなっているので、コップ一杯でもいいので、常温の水が、白湯を飲むようにしてください。冷たく冷えた水だと、体を冷やすので、余計に眠たくなってしまいます。水分を摂らずに外出してしまうと、肌に大きな負担がかかり、ダメージを受けてしまいますので、水を飲む習慣は、つけるととても良い生活習慣に変えることができます。

3 軽く体操をする

ただでさえ寝起きが悪くて、ぼーっとしているのに、体操なんてできないよって思いましたか?確かにそうですよね。小学生の頃のように、起きてすぐラジオ体操などの激しい運動は難しいと思います。でも、そのような運動ではなく、軽く手や足を動かす程度でも、驚くほどの効果があります。

布団の中で、手をグーパーしたり、膝を立てて足を上下に動かしたりする程度の軽い運動をして、起き上がるような習慣をつけていきましょう。そうすることで、体温と血圧が上昇しますので、体と脳が目を覚ますことができます。

-睡眠の質を高めてニキビを改善する方法
-