ニキビにまつわる噂の検証!

女性よりも男性のほうがニキビできやすいって本当!?

結論から言うと、統計的にニキビができやすのは、男性です。年代でいうと、やはり10代から20代にかけてのほうが、できやすい傾向にあります。なぜかというと、男性ホルモンが皮脂腺を刺激することで、ニキビができやすい状態になってしまうからです。

では、男性ホルモンと、女性ホルモンとでは、どのような違いがあるのかということについて、詳しくみていきましょう。一見関係なさそうなホルモンと、ニキビには、大きな関係があるので、知っておくと、ニキビを改善するにも、予防をするにも、役立ちます。

まずは、男性ホルモンと女性ホルモンというように、呼び方は分かれていますが、男性でも、女性でも、両方のホルモンが分泌されるということを念頭に置いておきましょう。男性には、女性ホルモンが分泌されないというわけではないということですね。

次に、男性と女性のホルモンバランスについてです。女性の場合だと、血液中のホルモンの含有量は、男性ホルモン1に対して、女性ホルモン2の割合となっていて、女性ホルモンの含有量の約半分が男性ホルモンということになります。コレに対して、男性は、男性ホルモン7に対して、女性ホルモン1という含有量の割合になるので、男性ホルモンが女性ホルモンの約7倍になります。

ただし、これらは、あくまでも平均値ですので、中には、女性ホルモンの含有量が多い男性がいたり、男性ホルモンの含有量が多い女性がいたりすることもあります。こういった個人差はありますが、どちらにしても、男性ホルモンが多ければ多いほど、ニキビができやすい体質であるということがいえます。

とはいえ、注意が必要なのが、性格は関係がないということです。このようなホルモンの話をすると、必ずきかれるのが、男女の性格の違いについてです。なんとなく男らしい性格とか、女性らしい性格というのがありますよね。そこで、男らしい性格のほうが、ニキビができやすいということに成るのか?という質問ですね。先に、この質問にお答えしておくと、答えは、違うということになります。

実は、男性ホルモンや、女性ホルモンの含有量と、性格は、一切関係がないといわれているのです。では、男性ホルモンが多い人の特徴は、どういったところに現れるかというと、体に現れます。例えば、男性ホルモンが多い人は、皮脂の分泌が多いので、脂っぽい肌だったり、体臭が強かったり、フケが出やすかったりという方多いようです。女性の場合だと、ボーイッシュな感じですね。

ただ、男性ホルモンが多いから、ニキビが治らないというわけではないので、こういった自覚症状がある場合は、より一層ニキビケアに力を入れて、しっかりとニキビを改善させていきましょう。

-ニキビにまつわる噂の検証!
-, ,