未分類

便秘になるとニキビができる2つの理由

便秘が続くと、肌が荒れてくると感じたことはありませんか?実は、これには2つの理由あります。

1つ目は、有害な物質が体内に溜まってしまうからで、2つ目は、皮脂の分泌が過剰になるからです。それでは、1つずつ詳しくみていきましょう。

まず、1つ目の有害な物質が体内に溜まるということについてですが、便秘になると、体の中にある不要な物質が排泄されずに、残っている状態になります。私たち人間の体の中にある消化器官は、1本の長い管になっています。この管の中を、食べたものが通っていく際に、消化吸収をしながら、流れていき、その過程の中で、不要な物質や、有害な物質を、排出するようになっているのです。

ところが、便秘になると、この機能が、うまく働かなくなります。そして、便秘により、排泄されない期間が長くなればなるほど、腸の中に不要な老廃物や、有害となる刺激物が留まることになるので、どんどん腐敗していき、酸化し始めます。腸の働きがスムーズに行われなければ、酸化したことにより、活性酸素が発生し、肌に悪影響を与えるということです。

次に、2つ目の皮脂の過剰分泌についてです。便秘によって体内に有害な物質が増えれば、排泄されずに行き場を失った老廃物は、皮脂腺から分泌され始めます。これは、なんとかして体の中から老廃物や、刺激物を排泄しようとする働きためで、それに伴って、皮脂の分泌量が増えるということになります。また、皮脂の分泌量が増えるということは、結果的に皮脂が毛穴に詰まりやすくなるので、肌が荒れたり、ニキビができたりする原因になるということですね。

だからこそ、あなたのニキビの原因が、便秘からきている可能性があるので、しっかりと便秘を解消するために、真剣に取り組む必要があるのです。

今日からできることとしては、まずは適度な運動をすること。規則正しい生活や、食生活を心がけることです。その中で、日々取り入れてほしいのが、朝起きたら、まずは常温の水を、コップ1杯飲むということです。できれば、白湯のほうが、より効果的です。これを習慣にするだけでも、便秘を解消するための第一歩を踏み出すことができるのです。

朝は苦手だという人も多いので、あなたもそうかもしれませんね。毎日、ギリギリまで寝ていて、慌てて起きて、ご飯も食べずに、準備をして家を出るという毎日を送っていたとしても、ほんのちょっとの心がけだけで、便秘の解消につながっていきますので、まずは、できることから、初めていきましょう。

-未分類