ニキビに効果的なケア方法

乾燥肌を劇的に改善できるスーパー保湿クリーム◯◯とは?

保湿効果を期待するうえで、これに勝るものはないといっても、過言ではない保湿クリームがあります。それは、馬油です。

馬油は、昔から、肌荒れや、ひび割れ、あかぎれ、切り傷、火傷、痔などの治療に、民間治療薬として利用されてきました。食用にも使えるということで、高い安全性と、副作用が起こる可能性が限りなく低いということで、お医者さんの処方箋がなくても、利用されていたほどです。

その高い効果が認められて、今では、百貨店などで目にすることも増えてきましたが、漢方を扱っている病院などでも、処方してもらうことができます。アトピー性皮膚炎や、ニキビで処方させることが多いので、もし漢方を扱っている病院で、診察を受けるときは、馬油を使ってみたいということを、一言伝えると、処方してくれると思います。

意外と知られていない馬油の高い浸透力
馬油のイメージを、いろいろな人に聞いてみると、「べたつきそう」とか「脂っこそう」という人が多いのですが、実は、意外とそうではなく、肌に塗ると、すぐにさらさらになります。これは、馬油に高い浸透性があるからなのですが、馬油は、塗った瞬間に皮膚と皮膚の間の細胞に、すっと浸透して、潤いを与えていきます。

なぜこのような特性があるかというと、人間と馬の皮脂が、非常に違い性質を持っているからだということが、わかっています。

しかも、高い浸透力を持っていると、鉱物油のように、皮下組織まで浸透してしまうのではないかと、心配する人もいますが、馬油の場合、皮下組織までは浸透しないので、安全性も高くなっています。

意外と知られていない馬油の高い抗酸化作用と殺菌作用
馬油は、その浸透力の高さから、素早く肌に広がるとともに、表面には油膜を張って、外部と遮断し、肌に浸透しながら、内部の参加を防ぐ作用も期待できます。この状態になると、細菌は、内部に入り込むことができませんし、中にはいった殺菌も、死滅させることができるのです。

意外と知られていない馬油の炎症を沈めて、熱を取り去る効果
馬油が世間に広がりをみせ、知られるようになった要因の1つは、火傷に対して、炎症を沈める効果が、非常に高かったからです。この炎症を抑える効果は、ニキビにも当然効果がありましたし、炎症が治まった結果として、熱を取り除く作用も、期待できます。

このように、馬油を利用することによって得られるメリットは、様々です。使うタイミングは、洗顔後、タオルで顔の水分を拭き取る前が、一番効果的です。

-ニキビに効果的なケア方法