ニキビに効果的なケア方法

一瞬で皮脂の過剰分泌を抑える方法

皮脂の過剰分泌だけが、ニキビの原因というわけではありませんが、皮脂は、テカリの原因にもなるので、「ちょっとこのテカリを抑えたいな~」と思うことって、ありますよね。

そんなときに、一瞬で皮脂の分泌を抑える方法があるんです。

それは「パントテン酸」です。あまり馴染みがあるものではありませんよね。私が、病院の先生から聞いて、この「パントテン酸」のことを初めて知りました。

その先生によると、「パントテン酸」は、善玉コレステロールを増やして、コレステロール値を、正常に保つ働きがあるそうです。このコレステロール値をコントロールする働きにより、血液や、細胞の中にある余分なコレステロールを除去することができるので、ニキビだけではなく、動脈硬化や、心筋梗塞などの予防にも期待できるとのことです。

他のもいろいろな効果が期待できるという話をされていましたが、私が知りたいのは、その「パントテン酸」が、私のニキビにとって、どのようなプラスの働きをしてくれるのかということだけだったので、あまり覚えていません(笑)

でも、ニキビに対して、期待できる効果は、しっかりと覚えているので、安心してくださいね。

「パントテン酸」が、皮脂の分泌を抑えてくれるのは、糖質や脂質の代謝作用と深く関係しています。特に、脂質を分解して、合成する際には、ニコチン酸と呼ばれているナイアシンやビタミンB2との作用により、分解を助けるために、重要な役割を果たしてくれるのです。この働きにより、皮脂の分泌を、瞬間的に抑えることができるということになります。

その他にも、抗ストレス作用や、養毛効果、免疫力を高める効果なども期待できます。特にニキビにとって深刻な問題の1つであるストレスですが、ストレス性のニキビの症状を緩和するのにも、「パントテン酸」は効果的であるといわれています。これは、「パントテン酸」が、抗ストレスビタミンと呼ばれてることからもわかりますが、副腎に作用することで、副腎皮質ホルモンの合成を促進する働きも期待できるからです。その働きにより、ストレスに対して強くなるだけではなく、疲れに対しても、耐性ができるという効果も期待できるのです。

ただ、「パントテン酸」を摂取すると、目が乾きやすくなるという方もおられるようです。もし、パントテン酸を試してみて、目が乾くということがあれば、体に合っていない可能性があるので、すぐに利用を中止してくださいね。

-ニキビに効果的なケア方法