ニキビに効果的なケア方法

ニキビを改善する効果を高めるレチノイン酸の使い方

レチノイン酸は、とても効果が高いニキビ治療薬ですが、より効果を高めるためにも、病院で処方してもらって、しっかりと説明を聞いたほうがいいでしょう。値段は皮膚科によって違いますが、聖心美容クリニックでしたら、親身になって相談に乗ってくれますし、しっかりと料金についての説明もありますので、興味があれば、カウンセリングを受けてみると良いと思います。

個人で輸入するという方法もあるのですが、自分でやる場合は、濃度の加減が難しく、副作用が長く続いてしまうということもあるので、注意が必要です。実際に数回のパッチテストを試してみたのですが、私は、自分にあった濃度を見つけることができなかったので、自分でやるのを諦めて、聖心美容クリニックで処方してもらいました。

ちなみに、レチノール配合というクリームなどを、見かけるようになりましたが、これは、レチノイン酸のクリームとは別物なので、お気をつけくださ。レチノールというのは、単なるビタミンAにすぎないので、ほとんど生理作用はないといわれていて、レチノイン酸と同じような美肌効果を期待することができないでしょう。

レチノイン酸は、レチノールの100倍いじょうの生理作用があるといわれているので、くれぐれもレチノール配合のクリームと間違えないようにしましょうね。

レチノイン酸の効果を高める使い方

レチノイン酸を塗るときは、小豆大の量のクリームを手に取り、できるだけ薄く伸ばすように塗っていきましょう。たくさん塗れば効果が高まるというものでも、ありません。塗りすぎると、逆に肌に負担をかけてしまうことにも繋がります。

また、レチノイン酸のクリームは、働き方は違いますが、ピーリングと同じように、角質細胞を剥があるので、日中の外出前に塗布してしまうと、紫外線の影響を、もろに受けてしまいます。そのため、できるだけ、就寝前の夜に塗るようにしましょう。

塗るタイミングは、スキンケアの最後にします。まずは、洗顔で汚れを落として、ビタミンC誘導体を塗り、その後に、レチノイン酸クリームを塗っていきます。レチノイン酸クリームを使い時は、乳液や、美容液などは、必要ありません。使うと、レチノイン酸の吸収を、妨げてしまいますので、注意してくださいね。

どうしても、日中塗る必要がある場合は、日焼け止めを塗ったり、日傘を利用するなど、紫外線対策をしっかりと行いましょう。日焼け止めも、レチノイン酸クリームと同じように、たくさんの量を、強くこすりながら塗るのではなく、上に重ねて塗るようにしたほうが、より効果的です。

レチノイン酸は、熱と光に弱いという特長があるので、使用後は、冷蔵庫で保存してくださいね。

最後に、レチノイン酸は、ずっと使い続けると、徐々に効果が低下してくるので、3ヶ月ほど使用したら、2週間ぐらいは休むというようなサイクルが、理想的です。
arrow002 レチノイン酸の治療ができるのはコチラです

-ニキビに効果的なケア方法
-