ニキビにまつわる噂の検証!

ニキビは遺伝するのか?噂の真相を暴きました

2016/07/08

まれに、ニキビは遺伝するから、そのニキビは遺伝だよ~と言われる方がいるようです。例えば、中学生になったころに、おでこを中心に、全体にニキビができた女の子がいたのですが、その子の父親は、顔全部にニキビ跡があるほどのニキビ肌でした。そこで、ニキビって遺伝するの?と、その子が父親に聞いたところ、遺伝だから諦めなと言われたそうです。

主に、思春期ニキビに悩み方から、こういった相談を受けるので、ここではっきりさせておこうと思います。

まず、結論から言うと、ニキビは遺伝する可能性があると思われます。ただし、大きめの図書館に行って、肌に関する医学書を、たくさん読んできたのですが、どの本にも、遺伝する可能性があるというところまでは書いてあったのですが、その因果関係を証明するには至っていないようで、遺伝するというのが、医学的な根拠に基づいたことではないというのが、現時点での判断のようです。

ちょっと難しい話になりますが、簡単に言うと、明らかに遺伝してるよな~というようなケースはあるけど、証明するのも、難しいよねということになるということですね。

それで、ニキビが遺伝するというのは、どういうことかと言うと、ニキビそのものが、遺伝子の情報を元に、親から子供に遺伝するというわけではなく、ニキビができやすい肌質や、体質が遺伝するということです。

こう言われてみると、確かに遺伝しているケースがありそうですよね。

人間の皮膚のというのは、顕微鏡で断面図を見てみると、三角系のタイルが組み合わさって、張り付いているように見えます。よく、レンガに例えられるのが、この部分になります。それで、このレンガに中心部分は、盛り上がっていて、汗が分泌される汗孔があり、レンガとレンガのつなぎ目は、毛穴になり、皮脂が分泌されるのです。

そして、盛り上がっている部分が分泌された汗が、レンガを通ってつなぎ目の毛穴に染みて、汗と水分と皮脂の脂が混ざり合うことで、皮脂膜という天然のローションのような膜ができ、肌を保護しているのです。これは、実によくできた仕組みなのですが、皮膚は、意外に薄くてデリケートでもあります。

そんなデリケートな肌を、紫外線やホコリ、汚染された空気、添加物、化学薬品などの刺激から守っているのが、皮脂膜の役目なのです。

このレンガとレンガの大きさが、1つ1つ揃っていて、つなぎ目の溝が浅い肌をキメが細かい肌というのです。

それとは逆に、レンガの大きさや形が不揃いだと、毛穴が大きくて見えているよう肌の場合、キメが荒い肌ということになります。そして、ニキビができやすいのは、このキメが荒い肌なのです。理由は、キメの荒い皮膚の肌のほうが、皮脂の分泌が多くなるからです。このような肌質が、遺伝する可能性があり、親がキメの荒い肌で、ニキビができやすかった場合に、子供もニキビができやすい傾向にあるということです。

また、同じ顔でも、場所によって、肌質が違う箇所や、キメの細かさが違う場所があることがあります。例えば、鼻の頭や、その周辺、頬やこめかみ、額などは、肌のキメが荒くなりがちです。つまりは、この周辺が、ニキビができやすい場所となるわけです。そして、額と鼻のあたりを指してTゾーンと呼び、顎やこめかみの部分をUゾーンと呼びますが、このどちらともがキメが荒い部分になるので、ニキビができやすい場所となります。

なので、ニキビができるときは、肌の皮脂の分泌が高まるとともに、毛穴が広がって、肌のキメが荒くなりますので、ニキビ肌の人は、皮脂の分泌が高くなりがちになるということです。

これらのことを踏まえた上で、遺伝的なニキビの特徴を挙げると、次の3つとなります。肌のキメが荒く、ニキビが波状に広がっていて、年齢的にも早い時期にでき始める。一般的に、思春期ニキビは、中学生に入ってからでき始めるものですが、遺伝的なニキビの場合、早ければ小学生の間に、ニキビがたくさんできる場合があります。

つまりは、中学生以降で初めてニキビができた場合は、生活習慣によるものの可能性が高くなり、小学生の間にできたら、遺伝の可能性があるということになるようです。

とはいえ、生活習慣にしても、遺伝にしても、ニキビを改善するためには、生活習慣を変えることが、とても重要なので、ニキビができやすいような生活習慣を送っている場合は、少しずつ改善していきましょう。

遺伝だと思っていると、自分の力でニキビを改善できないような気がしますし、場合によっては、親に文句の1つでも言いたくなると思います。でも、そんなことをしても、何の解決にもなりませんので、自分の力で解決できるように、考えたほうが、楽ですよね。

ニキビは、すぐに治るというものでもありませんが、一生治らない病気ではありませんので、まずはあなたのニキビの原因となっていることを見つけて、その原因に対するニキビケアをしっかりと、継続して行っていけば、少しずつ改善に向かうことが期待できますので、コツコツと頑張っていきましょう。

-ニキビにまつわる噂の検証!
-