ニキビの基礎知識

ニキビの原因となる角化異常はなぜ起こるのか?

ニキビができる直接的な原因は、肌の角化異常です。では、その角化異常を引き起こす原因となっているものは、なんなのでしょうか?この原因を特定することが、ニキビを根本から改善する為の大きなヒントとなりますので、あなたの状況に置き換えて、原因を特定していきましょう。

大人ニキビはなぜできるのか?原因を知って解決へで、一部説明していますが、ここでは、それぞれの詳しい内容について、掘り下げて説明していきます。

角化異常が起こる原因を、大きく分けると、以下の8つに分けることができます。
仕事や家庭のストレス
睡眠環境
タバコ
ホルモンバランスの乱れ
活性酸素の過剰発生
乾燥した環境
体質
日々の食生活

これら8つは、ニキビができる8大原因と呼ばれるほど、ニキビと大きな関わりがあり、それぞれが複雑に重なり合うことで、ニキビができます。何か1つのことが原因になっていれば、特定するのも、改善するのも簡単ですが、そうではありませんので、日々の生活のことを思い出して、原因となっていることを、できるところから改善していきましょう。原因が特定できれば、改善するのは、難しいことではありません。

それでは、1つずつ詳しくみていきましょう。

仕事や家庭のストレスが、なぜニキビの原因になるのか?
人間は、生きていればストレスが溜まります。あなたもそうですよね?そのストレスは、仕事からきているかもしれませんし、家庭からきているかもしれません。どちらにしても、精神的なストレスは、体内の活性酸素を過剰に発生させる大きな原因の1つとなっています。

ただし、ストレスというものは、非常に厄介で、どのような性質のストレスがニキビの原因になっているのか?どれぐらいの大きさのストレスが、ニキビの原因になっているのか?など、このようなことが、未だに医学で証明はされていないのです。とはいえ、原因を特定することが難しい症状の場合、お医者さんは、「ストレスが原因ですね」と、よく言います。あなたも言われたことがありませんか?それぐらい、ストレスというのは、肌トラブルだけではなく、病気とも密接な関係があるということです。

しかし、わかっていることも、当然あります。それは、精神的なストレスが、胃腸の不調に繋がったり、ホルモンのバランスが崩れたり、なかなか眠れないという不眠に繋がったり、便秘に繋がったりすることがあるということです。また、ストレスを抱えている状態だと、角層が受けたダメージから回復する速度が遅くなるということも確認されているので、このことが原因で、ニキビができやすい状況になるともいえます。

-ニキビの基礎知識
-,