ニキビに効果的なケア方法

ニキビの炎症に悩むあなたへ送る!ニキビが炎症を起こす4つの原因

2016/08/05

どんなに小さなニキビでも、必ずといっていいほど大きくなって、炎症を起こしてしまうけど、どうやったら炎症を起こす前に、防ぐことができるんだろう?こんな悩みをよく聞きますし、実際に私も悩んでいました。

あなたも、このように炎症を起こしてしまうニキビで悩んでいませんか?実は、これには、明確な原因が4つあるのです。この4つさえ知っておけば、今後、ニキビが起こす炎症を、かなり減らすことができますし、うまく習慣化できれば、まったくニキビが炎症を起こさないということもできるのです。では、さっそく、その4つをお伝えしますね。

ニキビが炎症を起こす4つ原因
1.ニキビをつい触ってしまう
2.ニキビを潰してしまう
3.清潔ではないタオルで拭いてしまう
4.汚れているファンデーションのスポンジを使っている

いかがですか?心当たりがあるのではないでしょうか?私の場合、全部でした(笑)

なので、例えば4の汚れているファンデーションのスポンジを使っているというのは、意外と気づいていない人が多いのかもしれませんね。もちろん、見るからに汚れているスポンジを使っているわけでは、ありませんよ。

それでは、1つずつじっくりと見ていきましょうか。

まず、ついついやってしまうのが、1と2ですよね。気づいたら触ってしまっていたり、潰すつもりはなかったのに、洗顔の時や、タオルで顔を拭いたときに、潰してしまったということを少なくありませんよね。

でも、実は、ニキビを触ると、ほぼ100%の確率で、ニキビは炎症を起こすということがわかっているのです。これは、しっかりと手を綺麗に洗っているつもりでも、手にはたくさんのバイ菌が存在しているからなのです。また、せっかく綺麗に手を洗っても、タオルが2日とか3日とか同じものだったら、そこからも菌がついちゃいます。手を拭くつもりが、菌を手につけてしまっているのが、現状なんですよね。実質、手を無菌状態にすることはできないということが、ある研究結果では明らかになったらしいですよ。なので、できるだけ、顔は触らないようにしましょうね。

次に、ニキビを潰してしまうということについてですが、これは、言い換えると、ニキビができている部分のコメドを、くり抜くということになります。コメドがくり抜かれると、必然的に、コメドがあった部分には、穴が空きますよね?ここに、空気中の菌や、手のバイ菌などが入り込み、炎症を起こしてしまうのです。

あまり想像したくはないのですが、人間の手には、約150種類もの細菌がいるといわれています。また、ある研究の結果によると、手に住み着く可能性がある細菌の種類は、なんと4,700種類もいるということがわかったそうです。しかも、右手と左手では、住んでいる菌の種類が違って、両手ともに存在している細菌は、たったの17%だけだったそうです。

これって、よく考えると、ものすごく怖いですよね。この話を聞いた時、私は真っ先に、手洗いを欠かさないようにしようと、心に誓ったものです(笑)

そして、もう一つ驚くべき真実があります。それは、男性の手に比べると、女性の手の細菌の種類がはるかに多くなるということです。理由は、諸説あるのですが、男性の肌がより酸性に近いために、菌の育成を阻んでいるとか、女性の保湿化粧品の成分が、細菌の繁殖を促進したり、殺菌されるのを防いでしまっているといわれています。

はっきりとした原因や、理由はわかっていないのですが、ただ1ついえるのは、単純に女性の手の方が不潔だということではないということです。なので、過剰に手を洗い過ぎたりしないように、気をつけてくださいね。

また、たくさんの細菌が見つかりましたが、その全ての菌が、悪影響を及ぼすというものでもございません。ただし、いい影響を与えるわけでもありませんので、できるだけニキビを手で触らないようにしたほうが良いというのは、間違いなさそうですよね。

もっておきたい感覚としては、ニキビが炎症を起こす前の白ニキビを、細菌だらけの手で触った瞬間に、ニキビが炎症を起こしてしまうというように、思っていて間違いないと思います。

次は、3つ目の「清潔ではないタオルで拭いてしまう」ということについてです。これは、2日続けて使っているということもあてはまりますが、それよりも重要なのは、できるだけ、顔の水分を取るのに、タオルは使わないほうがいいと思っていたほうがいいでしょう。

最近では、とても肌触りがよく、肌への刺激が少ないタオルが発売されていますが、それでも、タオルの繊維というのは、少なからず肌を傷つけてしまいます。タオルで顔を拭いたことが原因で、ニキビが炎症を起こすことだってあるほどなんです。

だったらどうやって顔を拭いたらいいかというと、タオルではなく、ティッシュを使うといいのです。とにかく顔に与える影響が少なければ少ないほど、ニキビが炎症するリスクを軽減できるので、洗顔後やお風呂の後は、軽くティッシュで顔を拭くと覚えておいてください。

最後は、4つめの「汚れているファンデーションのスポンジを使っている」ということについてです。

ほとんど女性が、毎日のようにメイクをしていると思います。その時に、ファンデーションというのは、欠かせない化粧品の1つですよね。このファンデーションを、スポンジで塗っている方は、注意が必要です。理由は、先ほどお伝えした通り、手には、たくさんの雑菌が存在していて、その雑菌が、ファンデーションに移っている可能性があるからです。

毎日、洗うことなく繰り返し使っているファンデーションというのは、ある意味では、雑巾と同じになっています。想像してみてください。雑巾で顔を拭いていると考えると、気持ち悪くなりますよね。ですので、できることなら、毎回新しいスポンジを使うか、毎回キレイに洗うようにしてください。スポンジは、安い使い捨てのものでもいいと思います。あなたの大切な顔に、毎日触れるものなので、無菌のものであれば、問題はありません。

このように、毎日なにげなく使っているものが、ニキビの原因になっているということも、少なくないんです。この機会に、是非、身の周りのものを、整理して、清潔にしてきましょうね。

それでは、せっかく化粧に関わることを話したので、ついでに、休日の肌のお手入れについて触れておきます。あなたは、休日も化粧をする派ですか?それとも、しない派ですか?もし、しない派で、休日はスッピンで過ごすということでしたら、これからする話は、ニキビを改善するうえで、とても参考になると思います。

スッピンの時は、これから話すことを毎回やるだけで、ニキビができにくくなるし、広がった毛穴も、引き締まりやすくなるので、試してみてくださいね。

ポイントは、ビタミンC誘導体が配合された化粧水をつけた後に、蒸しタオルを使うということです。蒸しタオルを使うと、より毛穴が開きますし、肌の血行もよくなります。そのため、ただでさえ浸透性が高いビタミンC誘導体が、更に浸透していくのです。

時間にすると、3分から4分ほどで構いません。そして、最後に冷水で顔をすすいで締めるか、冷蔵庫であらかじめ冷やしておいたコットンなどで、軽く拭いて、毛穴を締めれば、完璧です。

蒸しタオルの使い方は、簡単です。まずは、水で濡らしたタオルを、できるだけ固く絞ってください。つぎに、絞ったタオルを、くるくる巻にして、折りたたみます。そしたら、最後に、ラップや、ビニール袋に包んで、レンジで1分ほど温めてください。たったこれだけです。取り出すときは、とても熱くなっている可能性があるので、気をつけてくださいね。

-ニキビに効果的なケア方法
-