ニキビにまつわる噂の検証!

ニキビができやすい季節は◯◯だった!?季節の変わり目は注意!

季節の変わり目に、ニキビができてから、ずっと治らないという話をよく聞きます。

これは、私たちの肌が、四季の移り変わりに併せて変化していることの現れです。たとえば、冬の日差しはやわらかくて、紫外線の量も少なくなるので、一年を通していえば、一番表皮が薄くなる時期になります。

寒い冬をすぎて、やがて春になって、暖かくなると、表皮は分厚くなり、皮脂や汗の分泌が、どんどん盛んになってきます。これは、暑い夏の紫外線に備えてのことです。夏は、紫外線の量が一番多く、肌が直接、直射日光に触れる機会が増えるので、このような肌に変化するのです。

そして、夏をすぎて、秋になると、また肌の表皮は薄くなっていきます。

基本的に、私たち人間の肌というのは、このようなサイクルで変化しているので、季節の変わり目というのは、肌の状態が急激に変化する時期だということができます。そのため、風邪をひいたり、体調を崩したりする人が多いように、ニキビができたり、悪化したりする人が増えるということになるのです。

特に注意が必要なのは、春先と秋口です。春先になると、夏に向けて、どんどん皮脂を肌が分泌させていきますが、表皮が厚いと、出口である毛穴が狭くなるので、皮脂が詰まりやすくなります。

また、秋口になると、本来だと表皮は薄くなってくる時期なのですが、夏の紫外線で、肌を焼きすぎてしまうと、表皮が厚くなっているので、こちらも、皮脂が詰まりやすくなり、肌トラブルの原因となります。

せっかくニキビが治りかけていたのに、季節の変わり目で、悪化してしまうというケースも、少なくありませんので、季節の変わり目は、油断しないように、気をつけていきましょう。

ただでさえ、皮脂が体の外側に排泄させる時期です。この時期は、できるだけ皮脂が溜まったり、詰まったりしないように、普段よりも、しっかりと汚れを落として、保湿をすることを心がけてください。そうすることで、いつも以上に、ニキビの原因が重なりやすい季節の変わり目を、何事もなく、過ごすことができるようになるのです。

余談ですが、肌が年中綺麗な人や、常にもちっもちの肌の人の話を聞いてみると、陰ながら努力している人が多いんですよね。化粧品は、何を使ってんの~みたいな、軽い感じだと、普通だよ~という返事しか返ってきませんが、真剣にニキビに悩んでいるとか、乾燥肌に悩んでいるということを伝えてから、話を聞くと、ほとんどの人は、かなり細かく、真剣に教えてくれます。身近に、憧れるような肌の持ち主がいたら、是非、聴いてみてくださいね。

-ニキビにまつわる噂の検証!