ニキビにまつわる噂の検証!

ニキビができやすいお菓子とは?肌荒れしないお菓子の食べ方

あなたは、お菓子が好きですか?私は、大好きです。お菓子が好きな人にとって、お菓子を我慢するということは、とても大きなストレスになりますよね。

お菓子が食べられないなら、しんだほうがましなんて冗談交じりに言ったりもしますが、半分本気です。ニキビや、肌荒れに良くないから、食べないほうがいいと言われれば言われるほど、食べたくなるので、つい食べちゃいます。そこで、私は考えたのです。肌が荒れたり、ニキビができたりしないお菓子を見つけたり、食べ方を見つけたりすればいいんじゃないかと。

そして、ついに、ニキビを悪化させるお菓子を突き止めたのです。それは、脂肪と糖質の両方が含まれたお菓子類です。ニキビというのは、油やバター、そして、お肉などの脂肪分や、白砂糖、小麦粉などを食べても悪化する可能性があるのですが、その中でも特にニキビができやすいのが、先ほどお伝えした脂肪と糖質が両方含まれたお菓子になるのです。例えば、ドーナツや、ケーキ、そして、チョコレートなどですね。

とはいえ、脂肪と糖質は、体のエネルギー源ともなるものなので、筋肉などの細胞にとっては、欠かせない成分です。つまり、本来は、体に必要なものなので、食べた分と、消費される分とのバランスが取れているのなら、何も問題がないということになるのです。

ということは、問題になるのは、摂り過ぎて、消化しきれなくなった脂肪分と糖質ということになります。消化しきれなかった脂肪分や糖質は、肝臓に蓄積されていくのですが、その許容量を越えてしまうと、なんとかして体の中から排出しようとして、皮脂として分泌し始めます。これが、ニキビの原因となっていますのです。

お菓子をついつい食べ過ぎてしまうと、あっという間に許容量を超えてしまうので、皮脂が増え、その皮脂を餌にしている常駐菌であるバイキンが、ニキビを悪化させてしまうんですね。

つまり、ニキビができたり、悪化させたりしないためには、食べ過ぎないということが、とても重要になるということなんです。ついつい食べ過ぎてしまうという気持ちは、よくわかるのですが、あなたの肌の為に、ほんのちょっとだけ、我慢してみてください。食べるのを我慢するのではなく、食べる量を減らすだけです。これだったら、どんなにお菓子が好きでも我慢できるはずです。

成功のコツは、ながら食べをしないということです。お菓子を食べるときは、お菓子に集中して、しっかりと味わいましょう。そうすれば、たとえ一口でも、満足感を得られるはずです。

-ニキビにまつわる噂の検証!