ニキビに効果的なケア方法 皮膚の構造について

セラミドを保つ為に今すぐできる1つのこと!

2016/05/24

セラミドが減少して不足してしまうと、肌の潤いが失われるだけではなく、バリア機能が低下してしまうので、ニキビの原因の1つとなります。

そこで、セラミドを不足させないようにするために、重要なのが、日々のケアを、角層の働きが健全な状態になるように、おこなうことです。ただし、この角層にある角質細胞は、とても薄いため、肌に触れたり、こすったりすることで、簡単になくなってしまいます。

セラミドが剥がれ落ちる行動として、普段の行動では、以下の様なものがありますが、心当たりは、ありませんか?
ニキビを潰す
無意識に顔を触るクセがある
頬杖を付くクセがある
うつ伏せで寝ている

また、洗顔などの日々のケアの中にも、セラミドが剥がれ落ちる行動があります。それが、以下の5つです。
ゴシゴシと手で顔を洗う
洗顔にかける時間が長い
手で化粧水をパッディングしている
毎回、クリームや乳液をすり込んでいる
角栓取りパックを日常的になっている

いかかでしょうか?

角質細胞は、非常にデリケートです。普段何気なくやっている上記のような行動で、簡単に剥がれ落ちたり、めくれてしまって、本来の機能を失ってしまいます。できるだけ、上に書いたような行動は、しないように注意していきましょう。

角質細胞が剥がれてしまうと、基底層で新しい細胞が生まれるため、一定の間隔で細胞が並ばなくなり、細胞と細胞の間に、隙間ができてしまいます。そうなると、この隙間から、どんどんセラミドを含めた保湿成分が流れだして、肌が乾燥したり、敏感になったりしてしまうのです。

だからこそ、セラミドを保つために、今からできることの1つとして、できるだけ顔に触らないようにしましょう。それが、まずは基本となります。

-ニキビに効果的なケア方法, 皮膚の構造について
-