ニキビの大敵!便秘を解消する方法

あなたを便秘に悩ませる10個の原因と解消法を暴露します

2016/07/27

腸の働きがよくなって、お通じがよくなれば、肌の調子も整い、ニキビが改善できる可能性が高まります。それだけ、便秘と肌には、密接な関係があるのですが、そもそも便秘の原因というのは、何なのでしょうか?

ニキビと同じように、便秘の原因も、1つではありませんので、1つずつ順番に見てきましょう。

1.水分が足りていない
2.食物繊維が足りていない
3.ストレスが溜まっている
4.運動が足りていない
5.無理なダイエットをしている
6.朝食を食べないのが習慣になっている
7.食事を取る時間が決まっていない
8.不規則な生活で生活リズムが決まっていない
9.尿や、排便のリズムが毎日違う
10.便意をもよおしても我慢している時間が長い

一般的な便秘の原因だけでも、このように10個もあるのです。中には、思い当たることがあると思いますが、この10個の中で、一番の便秘の原因になっているのは、どれだと思いますか?もう一度、10項目を見なおして、ちょっとだけ考えてみてください。

どれも重要なのは、間違いないのですが、正解は、10番目の「便意をもよおしても我慢している時間が長い」なんです。この答えを聞くと、意外だという人が多いのですが、これには、ちゃんとした理由があります。

便意というのは、我慢すればするほど、感じなくなってしまうからです。これは、直腸性便秘というのですが、排泄したいという体のサインを無視し続けた結果、自ら便秘になってしまいます。

お仕事の関係で、トイレを我慢しないといけない時間が長く場合もあるとは思いますが、できるだけ我慢しなくてもいいような習慣つけるようにしていきましょうね。

次に、便意をもよおしにくくなっている時の解消法について、お伝えします。最近は、そもそも便意自体がこないと思っていたら、試してみてください。

やり方は2つあります。1つ目は、トイレに行くたびに、コップ1杯の水を飲むということです。できれば2杯飲んで欲しいのですが、時間的にも難しかったり、コップ2杯の水を飲むのが辛いという場合も多いと思いますので、最低でもコップ1杯の水を飲むようにしましょう。毎日2リットルは水を飲んだほうがいいと言われていますが、何かの基準がないと、2リットルの水を飲むのは難しいと思います。なので、このように、水を飲むタイミングを決めることで、水を飲む習慣をつけることができるのです。

2つ目は、補給する水分の半分を、お茶にするということです。例えば、トイレに10回行って、10杯の水を飲むとしたら、半分の5杯をお茶にするということです。

お茶を飲むのは、水を飲むのに比べると、準備するのに時間がかかるので、休日などのゆっくりしている時に、やってみるといいでしょう。飲むお茶は、便秘を解消して、ニキビを改善するなら、緑茶が一番良いです。

緑茶には、美容にいいと言われている成分が、たくさん含まれています。緑茶に含まれる成分と、期待できる効能についてまとめましたので、参考にされてください。記載している効能については、日本だけではなく、海外での研究を含めて、学会で発表されているものとなっています。何かの病気を治すというものであったり、治療につかわれるというものではありませんので、ご注意ください。

緑茶の渋味成分であるカテキン
体脂肪低下作用。がん予防。抗酸化作用。虫歯予防。抗菌作用。抗インフルエンザ作用。血圧上昇抑制作用。血糖上昇抑制作用。口臭予防。脱臭作用。

緑茶の苦味成分であるカフェイン
疲労感や眠気を除去することによる覚醒作用。持久力増加。二日酔い防止。利尿作用。

緑茶の旨味成分であるテアニン
アルファ波が出現することによるリラックス効果。血圧低下作用。

ビタミンC
コラーゲンを形成することによる皮膚や粘膜の再生と、維持。抗酸化作用。

ビタミンB2
皮膚の粘膜の再生と、維持。

葉酸
神経管弊社障害の発症を予防する。動脈硬化を予防する。

ベータカロテン
夜間、遠くが見えにくいというようなことにならにように視力を維持する作用。

ビタミンE
抗酸化作用。

サポニン
血圧低下作用。抗インフルエンザ作用。

カルシウム、リン、カリウム、マンガンなどのミネラル
生体を調整する作用。

クロロフィル
消臭作用。

こうやって並べてみると、緑茶には、ものすごい美容効果があるというのが、よくわかりますよね。毎日の飲水の半分を、緑茶に変えただけで、長年悩んでいた便秘がすっきりと解消して、驚くほど肌が綺麗になったという方が、たくさんおられますので、試してみてください。

特に、葉酸は、食事で摂取しようと思っても、熱に弱くて、水に溶けやすい性質をもっているので、壊さずに調理するのは、とても難しいのです。たっぷり摂取する必要がある成分ではありませんので、緑茶を飲むことで摂取できるのは、嬉しいですよね。

-ニキビの大敵!便秘を解消する方法